MBOによる事業承継

事業承継

MBOによる事業承継

質問
息子に事業承継させたいが、息子に会社を継ぐ意思がない。どのようにして事業承継したらよい?
答え
MBOの活用を検討してみましょう

 MBOとは、マネジメント・バイアウトの略で、経営陣による会社の買収です。

 例えば、100%株主でオーナー兼代表者であるA社長としては、息子を次期社長にと考えていたが、息子は会社を継ぐ意思がないし、他の親族にも後継者候補者が見当たらないというような場合です。このように、現社長の親族に後継者がいない場合には、MBOを実施し、現経営陣に事業承継することを検討してもよいでしょう(もちろん、現経営陣ならば安心して会社を任せられるということが前提ですが)。

 現経営陣には、これまでA社長が100%保有していた自社株式を買い取ってもらいます。
 現経営陣としては、オーナーと経営者の分離を避けることができ、スピーディーな意思決定が可能となりますし、株式を保有することでオーナー兼経営者となり、自社の価値を磨こうと経営に対するモチベーションも上がることでしょう。

 このMBOは、現経営陣が株式を買い取ることが前提ですので、現経営陣に買い取るだけの資力がない場合には、LBOの活用など資金調達方法も検討が必要でしょう。やはり各種専門家のサポートが必要です。


スライド13.GIF

サイト内検索   
検索

カテゴリー:STEP3 相続・事業承継計画